四柱推命☆根がある ~1.生まれのもとは陰と陽

宇宙の誕生

はるかはるかの遠い昔、

天の中心にあった意識が、何かの拍子でに分かれ、この宇宙ができた。

そこから何十億年の時を経て、地球という一つの生命体が誕生した。

地球の中心にはがあり、

その外側を属が包み込み

さらにその外側をが覆い

表面をが覆っている

そして陸地には々が生えている

少し休憩

少し休憩 どぶろくでも飲みますかね

 

我々のご先祖は地球から生まれた。つまり、木火土金水から生まれた。

いまも我々は、陰と陽、そして木火土金水の影響を受けている。

天の気として、1から10までの記号(十干)をそれらに当てはめた。

地の気として、1から12までの記号(十二支)をそれらに当てはめた。

ゆえに、木火土金水と陰と陽を使って紐解くという事は、十干と十二支を用いて運命を紐解くという事だ。

逆に言えば、十干と十二支を扱うという事は、地球そのもの、ひいては宇宙そのものを扱うという事だ。

令和3年3月16日
00:43:10

 

解説

天地初あめつちはじめてけらけし時、高天原たかまのはらに成りし神の名は、天之御中主神あめのみなかぬしのかみ、次に高御産巣日神たかみむすびのかみ、次に神産巣日神かみむすびのかみ。この三柱の神は、みな独神ひとりがみと成りまして、身を隠したまひき。(古事記より)

日本の神話に古事記という書物がある。

要約すると、

 ある1つの存在が何かの拍子でバランスが崩れ、陰と陽の働きをする存在に姿を変えた。
これらは目には見えない。

 

これは、この宇宙(四次元)の誕生を説明している。

1つの存在が陰と陽に分かれることでこの宇宙(四次元)が誕生し、地球(木火土金水)ができ、水とミネラルと周波数から生命が芽生え、そして我々がいる。

コメント欄 (お問い合わせはホームメニューから)

タイトルとURLをコピーしました