暫くは投稿頻度がおろそかになりますがご了承ください

磁気(じき)

宅理学 京都。ロゴフェスにて 正面向いている先生が持たれているのがラインを見つけるダウジング

宅理学 京都・ロゴフェス会場にて 正面向いている先生が持たれているのがラインを見つけるダウジング

今回、京都へ行った主目的はイヤシチロ化を具体的にどう進めていくかをもっと明確にしたかったからです。世間でよく言われるように、脳は現実体験と仮想体験は区別していませんから、頭の中でイメージが完成したら、現実世界で実行に移そうと思います。

磁気の問題は侮れない

地磁気が不安定で、ばらつきが多く値も低い場合は、悪い土地(ケガレチ)の傾向となり、安定していてばらつきが少なく高い値の場合は、良い土地(イヤシロチ)の傾向となる。

また、地下に水脈が流れているようなところは、その場所の地磁気に影響をあたえるので、ケガレチの要因となる。当然、地磁気以外の要素も考慮し、イヤシロチ・ケガレチを判断してゆくことになるが、磁気は最も重要な判断要素となる。

一説によると、日本のイヤシロチの比率は減少傾向にあり、今は10%にも満たないのではと言われている。

凶作用をうけるライン

地表には、そこにいるだけで凶作用をうけるという場所が連続的にライン状に存在する。そしてそのラインは縦横メッシュ状に地球の地表全体を覆っている。

そのメッシュの間隔は数メートル。ということは、昼活動しているときの位置や、夜寝ているときのベットや布団の位置がほんの数十センチ違っただけで、その人の運命は凶か吉かに大きく分かれるということになる。特に、メッシュの交点に位置するとなれば、その時は大凶とも言える作用を受ける。

もし正確にラインの位置をつかむことができたならば、ほんの数十センチ位置をずらすだけで、意図的に凶作用を回避できるということになる。

こういった事実は、ドイツでは国家として認識されていて、機器(ダウジングのような機械で)を使って測定を行う国家資格者が存在する。

地表には凶作用を起こすラインがメッシュ状に存在する

地表には凶作用を起こすラインがメッシュ状に存在する

住んでいる場所を整える

イヤシロチに住むことで、健康問題・人間関係・仕事関連・感性に大きな良い影響を与え、運気が上向く。(逆にそういった場所をイヤシロチと定義づけている)

しかしながら、10%にも満たないと思われるイヤシロチを探し当てて引っ越しをし、運気を上げようというのは現実的には結構大変だろう、方位を見て、吉方を取らない限り。

対策(改善)方法

①方位をみて引越しをする

②炭などの改善アイテムを使う

③上記を組み合わせる

お薦めは、もちろん①か③なわけですが、ふつうは、引越しせずに②の方法のみ使うことになるかと思います。つまり、今寝起きしている場所の土地を改善アイテムを多用して、イヤシロチ化していくのが現実的な解決法です。

2018-03-25
12:40:35

京都・浜離宮 拝観 左の男性は案内役 とても高貴なご説明に感動しました!

京都・浜離宮 拝観 左の男性は案内役 とても高貴なご説明に感動しました!

解説

対策について・・・

①方位をみて引越しをする。

➡吉方での引っ越し先は自動的にイヤシロチになると思って差し支えありません。例えは適切ではないかもしれませんが、吉方を取ったことでご自身が炭のような役割をします。意識が現実を作っていますので、そこに住む人の意識によりその土地がケガレチに変化したり、イヤシロチに変化したりします。それでも理由あって方位が取れない人や吉方が効かない人は、②のような改善アイテムが必要になって来るというわけです。

②炭などの改善アイテムを使う。

➡結果的に電子が豊富に存在する場所はイヤシロチとなります。以下にイヤシロチの条件を挙げます。

㋐磁気の値が高く・安定していて・均一な値
㋑マイナスイオンが多い・酸化還元電位が低い
㋒環境音に恵まれている
㋓霊的問題がない
㋔人工的な電磁波が少ない

㋐は炭を使って改善、㋑は活水器・浄水器・空気活性器で改善、㋒は水琴窟で改善、㋔は電磁波対策アイテムで改善、㋓は㋐㋑㋒㋔の実施により二次的に改善するが、手っ取り早く行うなら、ロゴストロンを使うのがよい。

※私自身は、㋓のような問題にはあまり触れたくない性分で、この方面の能力は持ち合わせていません鈍感タイプです。しかしながら、占い屋をしてますとそうもいかない現実があります故、ここ最近のテーマとなっています。

③上記を組み合わせる。

➡これは説明するまでもありませんね。今まさに私がやろとしていることです。

タイトルとURLをコピーしました