暫くは投稿頻度がおろそかになりますがご了承ください

2016年11月 年盤と月盤が重なる月

2、3日前から、どうも当ブログのアクセス数が急に増えてきて変だな~と思っていたら、11月は年盤と月盤が重なる同会月でしたね。どうりで・・私自身すっかり忘れていました。

この同会月の方位取りは効果が大きいですから、この月が来るのを首を長~くして待たれた方も多かったことでしょう。でもそういう慣れた方たちは、当然宿泊先などはもう抑えているでしょうから、あえてこの時期ぎりぎりになって何かしら調べたりする必要性はないでしょう。

当ブログにアクセスしていただいている皆様は、最近、方位取りを知った、もしくは知ってはいるけどやり方がどうも今一つ、という方たちなのだろうと私は勝手に解釈しております。

 

今月の無難な方位

 

宮崎 煌大 です。

という訳ですので、訪問してくれている方々がそれなりにいらっしゃるので、11月について少々解説と、理論的な話や経験則やらを色々交えて説明は省いて簡潔に書いてみましたので、参考程度にご一読ください。

なお、今月、私は方位取りに関してはパス致します。理由はごく単純で、行ける方位がないからです。(-_-;)

 

2016年11月は同会月
11月は同会月

 11月は同会月

 

まずは最重要な事から触れていき、順々に細かく掘り下げていきます。

東北方位と、西南方位はNG

つまり、本州にお住まいの方は、沖縄は行けません。関西以西にお住まいの方は、関東以北も行けません。まずはこれが最重要です。

月破はNG

月の凶は侮れません。実質一番体感が強いです。東南方位は行けません。

逆の方位はNG

今年(2月立春以降に)、方位取りした方は真逆の方位は行けません。例えば、北へ行った方は南は行けません。

 

では、ここから先は私も含め、こだわる人の為にいくつか挙げます。

南は外す

東西南北は強い、特に南北は本当に強い。年盤の定位の南に子が巡る。南は候補から外す。

出発日は11月下旬

気の密度が高まる下旬を出発日にしたい。

3泊以上で100km以上

100km以上の場所に3泊は寝泊まりしたい、というか必須。

温泉必須、地酒必須

普通にこれは必須です。日本酒(冷酒)がお勧め。ワインでもOK。

楽しむべき

後は気持ちの問題、方位先でじっとしているのだけはやめましょうね。象意に沿った行動をしましょう。

 

ここから先はさらにこだわりの世界。~another world~

八字もみる

生年月日時から得られる八字と方位との関係性は見たほうが良い。お金と時間をかけて行くのだから、最効率を狙ってそこへ行くべき。

体調を整え、食は減らす

カイロプラクティック(整体)等で神経のとおりは良くしておきましょう。また、1週間前ぐらいから通常の3分の1から半分の食にしておきましょう(完全断食はNG)。方位取り先では3泊かけて、少しずつもとに戻しましょう。

水晶を持っていきましょう

折角なので、水晶の一個ぐらいは持っていきましょう。現地でその土地の気に浸しましょう。

感謝の気持ちを持ちましょう

方位取りを計画・実行するには色々な調整が必要だったはずです。陰でその調整のためにご迷惑をかけた人たち・力になってくれた人たちに感謝しましょう。

 

2016年11月の無難な方位はここですよ

例年と比べて、大吉方というのは今年はありません。それでも11月は同会月なので九星的な方位効果は強いです。

特に中部関西以西にお住まいの方で東へ行ける方は効果大でお勧め。

では早速、生まれの九星(本命星)別の無難な方位です。

 東北東南西南西西北
一白       
二黒       
三碧  ☆     ◎ 
四緑       
五黄       
六白        
七赤        
八白  ☆      
九紫       ◎ 

  表1 九星から判断した吉方位
○ 無難な方位(安心してゆける方位です。あわよくば方位効果も期待できます)
◎(☆) 吉方(吉方が入っている方位ですので無難なうえに方位効果が期待できます)
北は要鑑定

 

なお、12月の無難な方位はだいぶ前に記事にしています。こちらをご参照ください。

2016-11-08
11:02:30 PM

タイトルとURLをコピーしました