暫くは投稿頻度がおろそかになりますがご了承ください

四柱推命☆四柱推命の学び第2弾☆命式の印象化 その7

四柱推命その後

すでに頭の中は完全手相モードとなっていますが、しばらく中断していた四柱推命の学びを徐々に復活させます。私は物事の並行処理は苦手なので(できる人はそのような手相になっています)やり方を少し考えねばなと思っています。

呑みですね icon-camera 金曜の夕方ともなれば呑みですね。

 

宮崎 煌大 です。

久々に、四柱推命の復活です。お待たせいたしました。別に、私自身が四柱推命を辞めたわけではありません。

四柱推命に興味ある占い師さん、そうでない占い師さん、きれいに分かれますよね。理由は定かではありませんが、論理的思考がかなり必要だからではないかなと勝手に分析しています。

私自身の四柱推命の最終到達地点は論理的思考を極力排除した物になろうかと思います。

ま、煌大流ということですかね。

そして、今、四柱推命を学んでいる目的というのはその為の基礎を作る為にほかなりません。

それでは本題です。

用神が運を運んできてくれるのさ

中国で陰陽五行説を元にして生まれた人の命運を推察する方法・・・それが四柱推命

ちょっと占いに興味のある方なら一度は聞いたことあるはずの四柱推命ですが、これから何がわかるのかっていうと、その人にとって、より運を強くする(改善する)ために必要なもの用神)がわかります。ではどうすれば用神を創れるのか?

ま、平たく言えば、どうすれば運をよくできるのかということです。

用神が生み出せるよう気持ちを切り替える

これしか方法はありません。


それができれば苦労はしませんし、できないからこそ迷い人になるわけです。

では切り口を変えて考えます。すると、こうなります。

用神が生み出せるよう気持ちを切り替えやすくする方法は?

a. 用神を持っている運の強い人接する付き合う友人にする、結婚する

b. 用神の職業に就く

c. 用神が巡る年までひたすら待つ

d. 用神が取れる方位へ方位取りする

e. 用神が取れるよう風水、家相、名前・・を使う

ですね。

以下、それぞれ少々解説。

まずは、a.はどうなのか?

これができたら苦労はしません。運のよろしくない時には運がよろしくない方々が周りに多数が常です。

次、b.はどうなのか?

これもできたら苦労はしません。運のよろしくない時には就職もままなりません。

次、c.はどうなのか?

来るべき年まで、待つしかありません。人により10年、30年、60年待ちです。

次、d.はどうなのか?

実行しようとしても意外とできません。特に運のよろしくない時には。

最後、e.はどうなのか?

風水、家相は厳密にやろうとすると基本お金かかります。名前は運の強い人に命名してもらうことが最重要です。

簡単な事ですよ

すると、どうすれば最短コースで

用神が生み出せるよう気持ちを切り替える

ことができるようになるのか、おのずと導かれます。

では、今日はこの辺で。

2016-06-10
11:02:55 PM

おまけ

簡単なことですが、意外とできないので、その手助けとして、私のような占い師がおります。

特に、a.の

運の強い人接する付き合う友人にする、結婚する

に関しては、まず運の強いというのが第一条件になります、用神であっても運の弱い人は避けるべきです。

特に占い師は運が強くないと続けられませんし、占い師は運は強くあるべきだと私は感じています。(運が強くないと続けられない職業は他にもありますが、ここでは省略)

周りにそういう運の強い人で、かつ、用神である人がいない場合は、そういう人をみつけて積極的に出会って、10分でも20分でも何でもよいから話をするとよいです。そうすることで、思考もプラスに切り替わってきます。

私のような占い師もそういう人の一人だと思っています。こうして出来たのが新鑑定メニュー『ただのご相談』です。

タイトルとURLをコピーしました